現代の特殊清掃のあり方

差がつく特殊清掃の知識

Yahoo! JAPAN

差がつく特殊清掃の知識メイン

一人ひっそり亡くなって気づかれない様な孤独死の増えている現代社会において、死に関わった惨澹たる部屋の清掃を請け負ってくれる特殊清掃業者は必要と考えられます。

現代の特殊清掃のあり方

特殊清掃とはどんな清掃をいうのでしょうか?

特殊という言葉の響きは、どことなく平和でない様なそんな物々しさを感じますが、実際に特殊清掃というのは、現代社会で問題になりつつある孤独死や自殺、ゴミ屋敷などによって、部屋をただ汚すだけではなく普通の清掃では元通りにできない様な状態のところを掃除することを言います。

何か異様な臭いがすると周囲の人が気づいて、人が亡くなっていることに気づくというケースがここ何年かの間に増えてきていると言われています。

身内もなく、近所との付き合いもなく、いわゆる孤独死という亡くなり方です。

腐敗した臭いで気づかれるということは死後何時間も経っているということで、部屋の中は蠅などの害虫、腐敗臭、床の腐敗などで荒れきってしまっています。

こうしたときに、ネクストのような特殊清掃を請け負っている業者が必要となります。

孤独死によって汚れてしまっている部屋、事件や事故で悲惨な状況になっている部屋、異常にゴミが散乱したまま亡くなってしまった部屋など、部屋に入ることすらできない様な状況を、原状回復する業務を特殊清掃業者は行っているのです。

特殊清掃では、部屋の清掃とともに、遺品整理や合同供養、不用品の処分、リフォームの手配などまで請け負っているので、もしもの時には心強い味方となります。

一人ひっそり亡くなって気づかれない様な孤独死の増えている現代社会において、死に関わった惨澹たる部屋の清掃を請け負ってくれる特殊清掃業者は不可欠でしょう。

PickUp Entry

特殊清掃の依頼から現場見積もりまで

発見の遅れた遺体があった部屋について、まずは警察の現場検証、死因の確認、特殊清掃業者は警察の許可が下りれば、現場にて見積もりをすることができます。

特殊清掃業者が対応できるサービス

特殊清掃業者で対応できるサービスは、消臭作業、遺品整理、合同供養、不用品の処分、リフォームの手配などです。